2019.5.16 05:00

阪急阪神HD決算発表 キナチカ活躍「増収を期待」

阪急阪神HD決算発表 キナチカ活躍「増収を期待」

 阪急阪神ホールディングス(HD)は15日、大阪市内で2019年3月期連結決算を発表した。営業収益は前年度比4・1%増の7914億2700万円、営業利益も同9・2%増の1149億3700万円で、ともに過去最高だった。

 阪神タイガースを含むエンタテインメント・コミュニケーション事業の営業収益は前年度比4・5%増の1265億3100万円。ただ、球場の入場者数は前年度比10万7000人減(1試合平均1725人)と約4%減少した。

 観客減の要因について同HDの西野暁執行役員は「最下位に終わった成績の低迷と天候不順が影響した」と分析。その上で「今季は新加入の西、近本、木浪らが活躍。若手とベテランがかみ合い、ベンチの雰囲気は良いと聞いており、増収を期待している」と見通しを示した。