2019.5.16 09:35

平野、1球で終了に苦笑「あまり投げた実感はない」

平野、1球で終了に苦笑「あまり投げた実感はない」

特集:
平野佳寿
パイレーツ戦の8回途中から登板したダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(ゲッティ=共同)

パイレーツ戦の8回途中から登板したダイヤモンドバックス・平野=フェニックス(ゲッティ=共同)【拡大】

 ダイヤモンドバックス11-1パイレーツ(15日、フェニックス)ダイヤモンドバックスの平野は8-0の八回途中に2番手で登板し、1/3回を無安打無失点、1三振だった。勝敗は付かず、防御率は5・65。

 ダイヤモンドバックスの平野が11日以来の登板を果たした。大量リードの八回2死で好投の先発グリンキーが腹部を痛め、急きょ降板。2ボール2ストライクからマウンドを引き継いだ。

 相手打者は投手で、低めの真っすぐ1球で見逃し三振に仕留めた。「1球で終われたので、あまり投げた実感はない」と苦笑した。(共同)

試合結果へ平野の成績へ