2019.5.16 09:30

大谷同僚の“二刀流”ウォルシュが「8番・一塁」でデビュー

大谷同僚の“二刀流”ウォルシュが「8番・一塁」でデビュー

特集:
大谷翔平

 ツインズ8-7エンゼルス(15日、ミネアポリス)エンゼルスで投打の「二刀流」に挑むウォルシュがメジャー初昇格を果たした。早速「8番・一塁」の先発でデビューし、5打数3安打。試合後、ロッカーには初安打のボールが飾られ「限りなく勝利に近づけた」と胸を張った。

 左投げ左打ちの25歳。傘下のマイナー、3Aソルトレークシティーでは打率3割2厘、10本塁打、救援投手でも1勝0敗1セーブと好成績を残した。同僚の大谷の昨季の活躍に続けるか。「楽しかったし、次も楽しみ」と意欲的に語った。(共同)

試合結果へ