2019.5.16 20:49

DeNA・大貫、7回2失点好投も無念の交代

DeNA・大貫、7回2失点好投も無念の交代

7回、中日・福田(奥左)に勝ち越し打を許したDeNA・大貫=横浜

7回、中日・福田(奥左)に勝ち越し打を許したDeNA・大貫=横浜【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA2-3中日、7回戦、中日4勝3敗、16日、横浜)7回2失点と踏ん張ったDeNAの大貫は、リードを許したまま無念の降板となった。神里のソロで1-1とした直後の七回1死三塁。福田に対して狙い通りに内角に投げた球がやや高くなり、左翼手の手前に落ちる勝ち越し打を許した。その後は抑えたが、八回から交代を告げられた。

 ドラフト3位で入団した新人はラミレス監督からの「非常に安定している。投げるたびに良くなっている」との期待に応える好投だったが、援護に恵まれず3勝目はならなかった。

試合結果へ

  • 中日戦に先発したDeNA・大貫=横浜
  • 先発のDeNA・大貫=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)