2019.5.15 22:00

阪神、今季チーム最多タイ5本塁打&13得点で巨人に連勝!菅野を六回途中でKO

阪神、今季チーム最多タイ5本塁打&13得点で巨人に連勝!菅野を六回途中でKO

1回、2点本塁打を放った糸井(左)を迎える阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・門井聡)

1回、2点本塁打を放った糸井(左)を迎える阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-13阪神、8回戦、巨人6勝2敗、15日、東京D)阪神が今季チーム最多タイとなる5本塁打13得点で連勝を飾った。巨人先発・菅野から六回までに4本塁打などで10得点しKO。菅野はプロ入り後ワーストの4被弾&10失点(自責7)となった。

 口火を切ったのは糸井だった。一回、先制の2号2ランで一気に流れを持ってきた。導火線に火が点いた打線はもう止まらない。2死から福留、梅野が連打で一、二塁とすると、マルテが弾丸ライナーで左翼手の頭上を越える適時二塁打。一回に一挙3点を奪い、試合の主導権を握った。

 二回1死からはドラフト1位・近本が右中間を突破する二塁打で出塁すると2死一、三塁から大山がスライダーを拾い、左前に落とす適時打。続く福留も右前適時打を放った。1点差に迫られた五回には福留の右越え4号ソロで突き放した。六回はドラフト3位・木浪の2号ソロに加え、大山の7号2ランが飛び出した。七回には梅野が2号ソロを放ち、駄目押しした。