2019.5.15 05:04(1/3ページ)

この瞬間待ってたんや~!矢野阪神が今季初G倒、糸原V打で首位巨人に2差接近

この瞬間待ってたんや~!矢野阪神が今季初G倒、糸原V打で首位巨人に2差接近

糸原は七回、勝ち越しの2点打を放つ。意地で打った!(撮影・門井聡)

糸原は七回、勝ち越しの2点打を放つ。意地で打った!(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2-4阪神、7回戦、巨人6勝1敗、14日、東京D)ヨッシャ~! 勝ったで~!! 阪神は4-2で巨人戦今季初勝利。開幕からの連敗を「6」で止めた。七回に次々と勝負手を打った矢野燿大監督(50)の期待に応え、主将の糸原健斗内野手(26)が勝ち越しの2点打。セは首位から2ゲーム差に4チームがひしめく大混戦だ。平成では宿敵にやられたけど、令和ではそうはいかん。猛虎の強さ、見せたる~!!

 平成でやられた分は令和でやり返す。鬼のような表情で、キャプテンは右腕を突き上げた。令和最初の伝統の一戦にケリをつけたのは、糸原の決勝2点打。今季初のG倒に導き、殊勝に語った。

 「満塁だったので、強い気持ちを持って、やられている分、やり返すという気持ちを持って、いい試合ができました」

 巨人のD1位・高橋優貴投手(八戸学院大)に六回までマルテのソロの1点のみ。巨人が継投に入った七回だった。先頭の福留が中前打で出塁すると、矢野監督はすかさず代走・江越を告げた。チーム打率トップの梅野が犠打を成功させる。マルテは四球で1死一、二塁。代打・上本は空振り三振も、続く代打・北條が同点打。今度は近本が四球で満塁とし、糸原が打席に立った。

 カウント2-1からの143キロに反応。クルッと回転してとらえた白球は二遊間を抜けた。決勝の2点打で勝負あり。3選手を次々とつぎ込んだ矢野采配に、最高の結果で応えてみせた。

【続きを読む】

  • 七回、糸原の勝ち越し打に矢野監督(左)らはベンチで立ち上がって喜ぶ
  • ヒーローの阪神・糸原=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、阪神・糸原が2点適時打を放つ=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 7回、適時打を放つ阪神・北條=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 7回、適時打を放った阪神・北條=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 2回、本塁打を放つ阪神・マルテ=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 8回、投球する阪神・藤川=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • セーブをあげた阪神・ドリス=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 7回、投球する阪神・ジョンソン=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 先発の阪神・青柳=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 2回、本塁打を放ったマルテ(31)を迎える阪神・矢野監督=東京ドーム
  • 巨人に勝利し、青柳(右)とタッチを交わす阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・福島範和)