2019.5.15 05:00

【ダンカン】ウンも味方に!トイレの個室で大はしゃぎ~

【ダンカン】

ウンも味方に!トイレの個室で大はしゃぎ~

特集:
ダンカン 虎の通信簿
7回、適時打を放った阪神・北條=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

7回、適時打を放った阪神・北條=東京ドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2-4阪神、7回戦、巨人6勝1敗、14日、東京D)「あれ~、ダンカンさん、興奮の逆転勝利なのに、妙にクールじゃないですか?」「いや~、阪神だって7試合もやれば一つくらい勝ちますよ」と冷めたセリフを残し、俺は記者席を後にしたのだった。

 向かった先は、東京ドームのトイレ。あたりに人の気配がないのを確認した俺は大きい方の扉を開け、慎重に鍵をかけると「どひゃ~、うれしい~。勝った、勝った、巨人に勝ったぁ! 今年初めて勝ちました~!! おまけに、坂本勇の開幕からの連続試合出塁をストップさせちゃったもんね~。や~い、巨人負け、負け~!!」と、とても大人とは思えない行動をとったのだった。

 七回の代打・北條、よくぞ同点タイムリーを打ってくれた~。レギュラーの座を奪い返してくれてもいいぞ~!! 糸原、決勝の2点打はしびれた~。猛虎のキャプテンの鋭く光る牙を見せてもらったでぇ!!

 青柳は三塁打1本、二塁打2本を含む7安打にエラーもあったのに、一回の2失点だけというネバネバ投法。真の先発投手に成長した姿をみたのだ。3勝目オメデトウ!! ついでだから用を足して…いや、ウン(運)を流すといけねえや!!

試合結果へ