2019.5.15 22:43

【試合結果】阪神が連夜のG倒、広島・鈴木はサヨナラ弾/15日のプロ野球

【試合結果】

阪神が連夜のG倒、広島・鈴木はサヨナラ弾/15日のプロ野球

 プロ野球は15日、セ・パ両リーグ合わせて6試合が行われた。


 (セ・リーグ、巨人8-13阪神、8回戦、巨人6勝2敗、15日、東京D)

ウイニングボールを手にする阪神・守屋=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

 阪神が5本塁打を含む18安打、13点で打ち勝った。一回に糸井の2ランなどで3点を先制し、二回に大山、福留の連打で2得点。中盤に突き放した。好救援の守屋がプロ初勝利。巨人はエース菅野が10失点と乱調で4連敗を喫した。

試合結果へ


 (セ・リーグ、DeNA8-2中日、6回戦、3勝3敗、15日、横浜)

お立ち台で笑顔を見せる(左から)DeNA・東、伊藤、ロペス=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

 DeNAが3本塁打、先発全員の14安打と圧倒した。0-1の四回にロペスの2ランで逆転し、六回は伊藤光の満塁アーチ、宮崎のソロで5点を加えた。東は6回1失点で今季初勝利。中日は大野雄が崩れ、打線も攻め切れなかった。

試合結果へ


(セ・リーグ、広島9x-7ヤクルト=延長十回、8回戦、ヤクルト5勝3敗、15日、マツダ)

10回、サヨナラ2点本塁打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

 広島が延長十回、サヨナラ勝ちで4連勝。3-7の九回に鈴木の適時打と磯村の2点打、小窪の押し出し四球で追い付き、十回に鈴木が2ランを放った。中崎が2勝目。ヤクルトは九回、梅野が拙守から崩れ、最後は中尾が打たれた。

試合結果へ


 (パ・リーグ、楽天9x-8日本ハム=延長十一回、8回戦、楽天5勝3敗、15日、楽天生命)

11回、大逆転に喜びを爆発させる楽天ナイン。右から2人目はサヨナラ犠飛のウィーラー=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

 楽天が延長戦に持ち込みサヨナラ勝ちした。7-8の九回、浅村の9号ソロで追い付き、延長十一回にウィーラーの犠飛で試合を決めた。6番手の宋家豪が今季初勝利を挙げた。日本ハムは8点のリードを奪いながら逃げ切れなかった。

試合結果へ


 (パ・リーグ、ロッテ2-3オリックス、6回戦、オリックス4勝2敗、15日、ゾゾマリン)

出身の千葉で勝利し、「千葉県最高です!」と絶叫したオリックス・榊原=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)

 オリックスが競り勝った。2-2に追い付かれた直後の八回1死一、三塁で小島の二ゴロで勝ち越した。榊原が力強い速球を軸に7回を6安打2失点で4月17日以来の2勝目を挙げた。ロッテは勝率が5割に逆戻りした。

試合結果へ


 (パ・リーグ、ソフトバンク4-5西武、8回戦、ソフトバンク5勝3敗、15日、ヤフオクD)

9回、逆転2ランを放った外崎(左)と喜ぶ西武・山川=ヤフオクドーム

 西武が3連勝。2-4の六回に山川の2本目のソロとなる18号本塁打で反撃、九回に外崎の2試合連発の6号2ランで逆転した。2番手の新人森脇が3回無失点でプロ初勝利。抑えの森が安定感を欠き、ソフトバンクは3連敗となった。

試合結果へ