2019.5.15 13:08

西武・山川、月間MVP受賞「森かレアードかなと…」

西武・山川、月間MVP受賞「森かレアードかなと…」

3、4月度「大樹生命月間MVP賞」に選ばれた西武・山川=ヒルトン福岡シーホーク(撮影・村本聡)

3、4月度「大樹生命月間MVP賞」に選ばれた西武・山川=ヒルトン福岡シーホーク(撮影・村本聡)【拡大】

 西武・山川穂高内野手(27)が15日、3・4月度の「大樹生命月間MVP」を受賞し、会見を行った。

 「森だと思っていました。申し訳ないですね、今回に関しては。貢献度、キャッチャーの疲労度を考えたら、森かレアードかなと…」

 受賞の感想を問われた山川は開口一番、公私で仲がよく、同期間で打率・369、3本塁打、24打点の数字を残した森にわびた。山川は全25試合に「4番・一塁」で出場し、打率・271、11本塁打、31打点をマークした。4月24日のロッテ戦で2本塁打を放ち、12球団一番乗りで10号到達。同20日からは8試合連続で打点を挙げる活躍で、昨年の9・10月度に続き“2期連続”5度目の受賞となった。

 印象に残る本塁打には開幕戦(3月29日、対ソフトバンク)の同点満塁弾を挙げ、「負けはしたが、いいスタートが切れた」と山川。「5月の方が感触はいい。(本塁打の)ペースはもっと上げるつもりでいきます」と腕をぶした。

  • 3、4月度「大樹生命月間MVP賞」に選ばれ、記者会見する西武・山川=ヒルトン福岡シーホーク(撮影・村本聡)