2019.5.15 23:03

ソフトバンク・デスパイネ、2打席連発実らず 10号2ランは「完璧に捉えられた」

ソフトバンク・デスパイネ、2打席連発実らず 10号2ランは「完璧に捉えられた」

5回、ソフトバンク・デスパイネが本塁打を放つ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

5回、ソフトバンク・デスパイネが本塁打を放つ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク4-5西武、8回戦、ソフトバンク5勝3敗、15日、ヤフオクD)ソフトバンクのデスパイネは今季初の1試合2本塁打で3打点を挙げたが、勝利にはつながらなかった。四回にまずは同点ソロ。五回は10号2ランを左中間席へ運び「少し打球が上がりすぎたけど、完璧に捉えられた」と、手応え十分の2打席連続アーチだった。

 2014年に来日してから、6年連続で2桁本塁打を達成。日本でもおなじみのキューバの大砲は、5月はすでに7本塁打と、量産態勢に入ってきた。

大竹(6回3失点で勝敗付かず)「山川さんの本塁打は、2本とも投手有利なカウントだっただけに悔いが残るし、もっと丁寧に投げるべきだった」

今宮(五回の適時二塁打で12試合連続安打)「良い状態で振れていると思うし、チャンスで打てて良かった」

試合結果へ

  • 5回、ソフトバンク・今宮が適時二塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 投球する先発のソフトバンク・大竹=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)