2019.5.15 05:01

ソフトバンク、今季最多11失点

ソフトバンク、今季最多11失点

5回、西武・中村に本塁打を浴びたソフトバンク・加治屋=北九州市民球場(撮影・村本聡)

5回、西武・中村に本塁打を浴びたソフトバンク・加治屋=北九州市民球場(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク7-11西武、7回戦、ソフトバンク5勝2敗、14日、北九州)先発ローテーションの谷間のため、救援投手の継投で1試合を賄う「ブルペンデー」で臨んだが、西武の強力打線に屈した。4本塁打を含む17安打を許し、今季最多に並ぶ11失点を喫した。「みんな一生懸命やった上での結果。これをしっかり受け止めてやっていく」と工藤監督。プロ初先発だった2年目右腕の椎野が三回途中5失点。五回には3番手の加治屋が中村に3ランを浴びた。

試合結果へ

  • 先発のソフトバンク・椎野=北九州市民球場(撮影・村本聡)