2019.5.15 20:50

巨人・菅野、まさかの自己ワースト1試合4被弾&10失点 六回途中で降板

巨人・菅野、まさかの自己ワースト1試合4被弾&10失点 六回途中で降板

特集:
菅野智之

 巨人・菅野智之投手(29)が15日、阪神8回戦(東京ドーム)に先発。6勝目を目指したマウンドだったが、六回途中で127球を投げ、11安打10失点(自責点7)でマウンドを降りた。

 再び、まさかの光景が広がった。一回1死から、糸原に中前打とされると、続く糸井に右越え2ランを被弾。さらに、2死一、二塁からはマルテに左翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びた。二回にも大山と福留の適時打で2点を献上。三、四回は無失点に抑えたが、流れを止めることはできなかった。

 五回には1死から、福留に右越えソロを被弾。六回には、先頭・木浪に右越えソロ。糸井に中犠飛とされて1点を失った直後の2死一塁からは、大山に左越え2ランを浴びた。1試合4被弾と10失点は自己ワースト。前回登板の8日のDeNA戦(ハードオフ新潟)も6回5失点と苦しんでおり、なかなか本来の投球を見せられてはいない。