2019.5.14 08:00

【田尾安志 タイムリーCheck!】内角に強い坂本勇、勝負は比較的苦手な外角低めで

【田尾安志 タイムリーCheck!】

内角に強い坂本勇、勝負は比較的苦手な外角低めで

特集:
田尾安志 タイムリーCheck!
巨人・坂本勇

巨人・坂本勇【拡大】

 阪神は挑戦者としていけるかどうか。勝たないといけないと思いすぎると固くなるので、向こうが強いと思って、立ち向かっていくことが大事。上位チームとの戦い方は四つ相撲ではダメ。ムダな四球や失策は厳禁。動き回らないといけないと思っている。

 巨人はゲレーロやビヤヌエバもいなく、岡本も状態は悪い。打線に怖さはないが、坂本勇と丸の2人をどう抑えるか。青柳の内角のシュート系のボールはどの打者も打てていない。ただ、坂本勇は内角に強いので、ボール気味の球で。勝負は比較的苦手としている外角低め。丸もそうだが出塁させないことが一番だが、一発だけは絶対に避けたい。

 攻撃ではいかに先制点を取るか。巨人も打線がそんなに状態はよくないので、先制すれば流れもくる。選手任せではなく、スクイズなどベンチが積極的に動いて点をとりにいくことだ。近本も5月は疲れも出てくるころだが、足がある。そういう選手は使い方次第で何とかなるものだ。ベンチがセーフティーやエンドランなど、動きを入れてあげたらいい。

 最低でも1勝1敗。巨人の先発が高橋、菅野と考えると、初戦を何とか取って2戦目へ重圧のない形で入りたい。 (サンケイスポーツ専属評論家)