2019.5.14 08:00

【若さんのツバ目線】ヤクルト、村上ら若手が活躍…チーム内に競争心

【若さんのツバ目線】

ヤクルト、村上ら若手が活躍…チーム内に競争心

 この時期は2月のキャンプからの疲れが出てくるときだが、ヤクルトは故障者、離脱者が多い中でよく踏ん張っている。10-12日の巨人戦(東京ドーム)では特に若手の活躍が目立っていた。

 10日には21歳の渡辺が初本塁打、11日は19歳の村上が10号、12日は22歳の太田と25歳の山崎が適時打を放って、青木や山田哲ら主力の穴を補った。チーム内にいい競争心が生まれているようだ。主力が抜けても勝ちきれるところは、昨年までとは違うな、と思ったよ。

 救援陣の奮闘も欠かせなかった。抑えの石山が離脱している中で、ハフ、マクガフ、五十嵐、梅野は素晴らしい働きをしている。これからの戦いは彼らに負担が偏らないように起用していくことも、必要になってくるだろう。(サンケイスポーツ専属評論家)