2019.5.14 16:21

【一問一答】菊池雄星、勝って反省「ボールは悪くないんですけど悔いが残る」

【一問一答】

菊池雄星、勝って反省「ボールは悪くないんですけど悔いが残る」

特集:
菊池雄星
アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池=シアトル(共同)

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池=シアトル(共同)【拡大】

 【シアトル(米ワシントン州)13日(日本時間14日)】本拠地Tモバイル・パークで行われたアスレチックス戦に先発したマリナーズの菊池雄星投手(27)は、6回0/3を投げて、3本塁打を含む5安打3失点と今季6度目のクオリティ・スタートをマークした。チームは劣勢の八回に3ランで追いつくと、延長十回、6対5でサヨナラ勝ちを収めた。以下、菊地の一問一答。

 --5安打、3失点

 「失投というのは、試合の中ではあるものですけど、それをことごとくホームランにされてしまった。ただ、勝って反省できるのは、すごいことだと思います」

 --決して悪くはなかった

 「すべてのボールがよかったとは思えなかった中で、6回、3失点でまとめられたというのは、プラスにしていきたい。いいときばかりではないですし、前回、前々回とボールも全てよかったんですけど、今回はそうじゃない中で試合を作れて、点の取られ方は反省しつつ、次につながるゲームができた」

 --デービスの本塁打(六回)。いいスライダーだったが

 「ボール自体は悪くなかったと思いますけど、その前の打席もスライダーを続けて、(相手が)かなり警戒している中で、もっと低く投げるのか、バットの届かないところに投げるのか、あるいは違う球で1球見せるのか、迷った中で腹を決める前に投げてしまった部分が…。ボール自体は悪くないんですけど、心構えとして悔いが残る」

 --迷った?

 「最後はスライダーで決めたいんですけど、高めの真っ直ぐを見せるなり、カーブをワンバンさせるなり、そういうのがあってもよかったかなというのが反省としてあります」

 --2ストライクといえ、スライダーを待っているようなスイングだった

 「そうですね。前の打席で首振ってスライダーを投げ続けましたんで、バッターもそこだけケアしてくるなという中で、もっと違う球でっていうところは、悔いが残りますね」

  • アスレチックス戦の5回、ピンダーを遊ゴロに仕留めグラブをたたくマリナーズ・菊池=シアトル(共同)