2019.5.14 09:52

大谷翔平、復帰後初アーチの飛距離は131メートル 初速度180キロ

大谷翔平、復帰後初アーチの飛距離は131メートル 初速度180キロ

ツインズ戦の3回、復帰後初本塁打となる逆転2ランを放つエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)

ツインズ戦の3回、復帰後初本塁打となる逆転2ランを放つエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)【拡大】

 ツインズ-エンゼルス(13日、ミネアポリス)「3番・DH」で2試合ぶりに先発したエンゼルスの大谷翔平投手(24)に待望の復帰1号が飛び出した。

 1点を追う三回無死三塁の第2打席。カウント3-1から、右腕ベリオスの甘いコースに来た92.5マイル(約149キロ)の真っすぐを完ぺきに捉え、左中間に飛び込む1号逆転特大弾をたたき込んだ。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタッツキャスト」によると、打球の初速度は111・6マイル(約180キロ)。角度は31度で、推定飛距離は429フィート(約131メートル)だった。

試合結果へ大谷の成績へ

  • ツインズ戦の3回、復帰後初本塁打となる逆転2ランを放つエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)