2019.5.14 18:33

巨人・丸、令和最初の「伝統の一戦」で先制二塁打「積極的にいきました」

巨人・丸、令和最初の「伝統の一戦」で先制二塁打「積極的にいきました」

1回、適時二塁打を放つ巨人・丸=東京ドーム(撮影・福島範和)

1回、適時二塁打を放つ巨人・丸=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人・丸佳浩外野手(30)が14日、令和最初の「伝統の一戦」となる、阪神7回戦(東京ドーム)に「3番・中堅」で先発出場。一回1死三塁の1打席目に、先制の右中間適時二塁打を放った。

 「得点圏だったので、積極的にいきました。いい結果になってよかったです」

 相手先発・青柳が投じた4球目、125キロのスライダーを捉え、強烈な打球が右翼手・糸井の横を抜けていった。この回は、先頭・重信が1球目を左中間三塁打として、無死三塁。試合前の時点で、開幕から36試合連続出塁中の坂本勇に回り、三直に倒れた直後だった。

試合速報へ