2019.5.14 14:10

日本ハム・清宮が実戦復帰も三邪飛と捕邪飛

日本ハム・清宮が実戦復帰も三邪飛と捕邪飛

特集:
清宮幸太郎
1回、三邪飛に倒れた日本ハム・清宮=鎌ヶ谷スタジアム(撮影・塩浦孝明)

1回、三邪飛に倒れた日本ハム・清宮=鎌ヶ谷スタジアム(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 有鉤骨(ゆうこう)骨折で離脱していた日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が14日、イースタン・リーグ、ロッテ戦(鎌ケ谷)に「3番・DH」で先発出場。約2カ月のリハビリを経て、実戦復帰を果たした。

 一回1死二塁で迎えた第1打席は相手先発左腕、土肥の初球138キロに三邪飛。四回先頭の第2打席はカウント2-2から捕邪飛に倒れた。