2019.5.14 23:15

広島、救援陣が勝利呼ぶ 緒方監督「しっかり抑えてくれた」

広島、救援陣が勝利呼ぶ 緒方監督「しっかり抑えてくれた」

特集:
侍ジャパン
5回、リプレー検証を求める広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

5回、リプレー検証を求める広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・リーグ、広島9-4ヤクルト、7回戦、ヤクルト5勝2敗、14日、マツダ)広島は野村が四回途中に降板しても、中継ぎ陣が無失点リレー。緒方監督は「しっかり抑えてくれた。相手の打線は隙を見せたら大きな点数になる」とねぎらった。

 野村が四回に追い付かれ、さらに満塁を背負ったために交代。救援したレグナルトは押し出し四球を与えたものの何とか切り抜け、続投した五回は3人で片付け、直後の逆転劇につなげた。3番手の九里は、一岡、フランスアとともに危なげない投球を見せ「続けていかないと意味がない」と力を込めた。

鈴木(先制犠飛)「最低限の仕事ができた」

バティスタ(三回に8号2ラン)「少し詰まったけど、いい反応でしっかりと球を押し込むことができた」

レグナルト「2勝目の球はもらったけど、ぼくの勝利球じゃない。チームのおかげ」

視察した日本代表の稲葉監督「(広島の鈴木は)三拍子そろった素晴らしい選手。4番も当然視野に入れている。(ヤクルトの村上は)レギュラーをつかむところで必死だと思う。経験を積みながら、どんなプレーヤーになっていくか楽しみ」

試合結果へ

  • 5回、2点適時打を放つ広島・安部=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • お立ち台でポーズを取る広島・安部とスラィリー=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 9回、投球する広島・中崎=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 5回、広島・安部が2点適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 5回、3失で出塁した広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 3回、逆転2ランを放つ広島・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 先発の広島・野村=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)