2019.5.13 05:04(1/2ページ)

阪神・近本、試練乗り越えろ!令和初連敗…再進撃カギ握る男

阪神・近本、試練乗り越えろ!令和初連敗…再進撃カギ握る男

もう数メートルあれば…。四回、近本の大飛球は大島に好捕された。また虎打線を引っ張ってくれよ!(撮影・山田喜貴)

もう数メートルあれば…。四回、近本の大飛球は大島に好捕された。また虎打線を引っ張ってくれよ!(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-5中日、9回戦、中日5勝4敗、12日、甲子園)壁をぶち破れ! 阪神は令和初の2連敗。中日の2年目右腕・清水達也投手(19)にプロ初勝利を献上し、6カードぶりの負け越しとなった。ドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=は5日のDeNA戦(甲子園)で背中への強い張りを訴えてから打撃急降下。14日からは巨人2連戦(東京ドーム)。初の試練を乗り越えろ!

 大山が三球三振に倒れ、6カードぶりの負け越しが決まった。令和初の2連敗。あと一押しが利かない。打線に厚みがない。ジリ貧傾向のニオイ。虎を引っ張ってきた近本が危機感をみせた。

 「1本出たのはよかったですけど、もうちょっとチャンスで打てたらよかったです」

 3点を追う九回1死。竜の守護神・鈴木博の152キロを左前に運び、12打席ぶりにHランプを灯した。しかし、肝心なところで打てなかった。だから現実を受け止めた。

 1点を追う四回2死一、二塁。大飛球も浜風に負け、中堅・大島に好捕された。六回2死一、三塁でも二ゴロ。矢野監督は「状態としてはね、いいときからちょっと、やっぱりこう、シーズン、ずっと出だすと疲れも出てくる」と話した。

 5日のDeNA戦で背中に強い張りを訴え、途中交代した。状態が心配された中、翌6日のヤクルト戦(神宮)は志願で出場。しかし、そこから打撃は急降下した。6日以降の打率は・207(29打数6安打)と低迷。アクシデント前の打率・316からは考えられない落ち込みで、得点圏にいたっては・423から・125となった。

【続きを読む】

  • 九回、近本が12打席ぶりにヒットを放つ。復調へのきっかけとしたい
  • 阪神・近本の5月5日途中交代後のアットバット
  • 1回、投球する阪神・才木=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 4回、スリーバント失敗の阪神・才木=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 5回、ビシエドの打球が当たる阪神・才木=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 1回、中日・高橋の打球で抗議する阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 1回、タイムリーを放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 6回、二塁打を放つ阪神・梅野=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 6回、投球する阪神・島本=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 投球する阪神・守屋=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 投球する阪神・石崎=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 投球する阪神・能見=甲子園球場(撮影・岡田茂)