2019.5.13 05:03(1/2ページ)

【虎のソナタ】「母への感謝」腕に示し臨んだけど…

【虎のソナタ】

「母への感謝」腕に示し臨んだけど…

特集:
虎のソナタ
虎ナインもピンク、ピンク…。母への感謝の気持ちを込めて戦った。

虎ナインもピンク、ピンク…。母への感謝の気持ちを込めて戦った。【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-5中日、9回戦、中日5勝4敗、12日、甲子園)老いて尚 なつかしき名の 母子草…(虚子)

 いかがでしたか…昨日の「母の日」は。そりゃあ、どなたにも母様はいらっしゃいます。見るからにむくつけき上司…あ、断っておきますが具体的に大阪・難波の某新聞社の編集局にいらっしゃる特定の方を想定して申し上げているのではございません、念のため。

 でもって、逆に、肝心な時に打席が回ってきて…それもシロウトの私めでも想像できる球をア然として見送る“ゲーム進行係”のような方にブーたれているのでもありません。

 司令塔役のサブキャップ長友孝輔は「今日はピンクの用具を使用して試合に臨む選手もいるんですよ。カーネーションを表すピンクなのか、僕には分からないんですが、それぞれの母への感謝を込めているわけです。どこにいても、こういう元気で立派な男子に育てていただいた感謝は忘れちゃいけないものですからねぇ…」とちょっと感傷的な電話をくれた。

 全く同感だけど、それはどのチームでも一緒。でもその長友の電話に胸キュンで「そうだよなぁ…ところで君は何か母上にプレゼントしたのか」といったら、しばしの沈黙。そしておもむろに「今年はついうっかり…」と口ごもった。でも長友記者よ、母上はそれでも日々、元気に息子が甲子園を走り回り、熱い思いをこめてファンの方に情熱のリポートを書きつづっていることは、ちゃあんとご存じなのだ。それだけで…親は幸せなんだ。

【続きを読む】