2019.5.13 05:02(1/2ページ)

阪神・才木自滅、抹消へ…バント2度失敗&「投」もリズム悪く5回5失点

阪神・才木自滅、抹消へ…バント2度失敗&「投」もリズム悪く5回5失点

四回、スリーバントを失敗した才木。自分の首を絞めてしまった(撮影・松永翔平)

四回、スリーバントを失敗した才木。自分の首を絞めてしまった(撮影・松永翔平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-5中日、9回戦、中日5勝4敗、12日、甲子園)目を伏せ、険しい表情でベンチへ戻った。マウンドでも打席でも、力を発揮することはできなかった。先発の才木は5回8安打5失点で今季初黒星。打席では2つのバント失敗で、攻守に勝利を呼び込めなかった。

 「最初から攻め切れていないというか、大事に大事にいきすぎて自分のいいところを出せませんでした」

 リーグ屈指の強力竜打線に立ち上がりからつかまった。一回に2安打2四球でいきなり2失点。味方がすぐさま同点に追いついてくれた後の二回にも大島の左中間への適時三塁打で勝ち越しを許すなど、粘れなかった。

 「インコースや高さを気にしすぎて、変化球でカウントを取りにいって腕が振れていなかった。真っすぐも慎重になりすぎて思い切って攻めの投球ができませんでした。もったいなかったです」

 投球テンポも遅く、ようやく投げてはボール球が目立った。これでは野手陣もリズムを作れない。打席でもそうだった。

【続きを読む】

  • 1回、投球する阪神・才木=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 5回、ビシエドの打球が当たる阪神・才木=甲子園球場(撮影・松永渉平)