2019.5.12 05:01

阪神・メッセ、5回3失点で3敗目「単打と思ったのがツーベースに…」

阪神・メッセ、5回3失点で3敗目「単打と思ったのがツーベースに…」

1回、先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・門井聡) 

1回、先発の阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・門井聡) 【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-5中日、8回戦、4勝4敗、11日、甲子園)5回3失点で3敗目を喫したメッセンジャーは試合後、「単打だと思っていたのがツーベースになってしまいましたし、あれでだいぶ変わっちゃいましたけど」とポツリ。3点を失った一回、1死から2番の大島の右前への打球が二塁打となったシーンを挙げた。それでも二回以降は立ち直り「(一回は)相手にうまく打たれた。ゲームは作れたかな」と淡々と振り返った。

 矢野監督は「立ち上がりというのは難しい、今後もしっかりやってくれると思います」と期待すると、糸井の守備については「みんなには言えないようなこともあるしね、それは。俺は別に嘉男(糸井)だって(力を)抜いてるっていうとこじゃない部分も、まあ。それを俺は悪くは言わない」と話すにとどめた。

試合結果へ