2019.5.12 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】熱烈TORACOもスベッた!?完敗

【虎のソナタ】

熱烈TORACOもスベッた!?完敗

特集:
虎のソナタ
ファーストピッチセレモニーに登場した坂本花織(中央)と三原舞依(右)

ファーストピッチセレモニーに登場した坂本花織(中央)と三原舞依(右)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-5中日、8回戦、4勝4敗、11日、甲子園)華麗な“2回転トーループ”のそろい踏み。そしてファーストピッチでした。

 「三原舞依選手から、フリープログラムの話が出ました。これって、別に原稿が要りますよね」

 試合前、甲子園球場のトラ番箭内桃子から、当番デスクの堀啓介に電話がかかってきました。

 この日の中日戦は、花柄ユニホームのプレゼントなど女性ファンへの特典がいっぱいの「TORACO DAY」として開催されました。始球式にもフィギュアスケート界のTORACOさん、坂本花織選手と三原舞依選手が登場。2人とも神戸市生まれで、神戸に本社がある医療機器メーカー、シスメックスに所属し、それぞれ神戸学院大と甲南大に通っている熱烈な阪神ファンです。

 その始球式を終えてトラ番に囲まれた三原選手が、来シーズンのフリーのプログラムの振り付けを、かつて浅田真央さんを担当していたローリー・ニコルさんに依頼し、快諾を得ていることを認めたため「これはこれで始球式とは別に原稿にしなきゃ」と、TORACO桃子は思ったのです。

 というわけで「TORACO DAY」の詳細と始球式の模様は2面に、坂本選手がシード選手として、三原選手も招待選手として出場する10月から始まるグランプリシリーズに向けての新プログラムのお話は7面に、分けて掲載しております。くわしくはそちらをお読みください。

【続きを読む】