2019.5.12 17:32

ヤクルト、巨人に勝ち越しゲーム差「1」に 高梨が4勝目「感謝したい」

ヤクルト、巨人に勝ち越しゲーム差「1」に 高梨が4勝目「感謝したい」

先発のヤクルト・高梨=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

先発のヤクルト・高梨=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-3ヤクルト、9回戦、ヤクルト5勝4敗、12日、東京D)ヤクルト・高梨裕稔投手(27)が5回1安打1失点、3連勝で4勝目(2敗)を挙げた。チームは令和初の「TOKYOシリーズ」を勝ち越し、巨人とのゲーム差「1」に迫った。

 高梨は一回、1死一塁から連続四球で満塁のピンチを招くと亀井に中犠飛を許し先制点を与えた。その後は粘りの投球を見せ追加点を許さず、五回を投げきりマウンドを救援陣に託した。

 打線は1点を追う三回、無死一塁から山崎が適時三塁打を放ち同点に追いつくと、続く雄平が右フェンス直撃の適時二塁打を放ち勝ち越した。1死二塁から川端が右前適時打を放ちこの回、3点を奪った。九回は1死三塁から太田が左前適時打を放ちトドメをさした。

 ヒーローの高梨は 「今日は野手のみなさん、中継ぎのみなさんに助けられての勝利なので感謝したいと思います。一昨日、すごい悔しいゲームをチームでして、なんとしても勝ち越して帰ろうとみんな思っていたので、気持ちでなんとか粘って最小失点でいけたかな」と振り返った。

 巨人勝ち越したことについて「チームみんなで取った1勝。明後日からもたくさん勝って優勝を目指してがんばりたい」と前を向いた。

・12連戦は6勝5敗1分 小川が今季初勝利 バレ、石山ら離脱/スワローズプレーバック4月27日~5月8日
・ヤクルト・西浦、二回の守備から退く 試合中に病院へ
・ヤクルト、5年ぶり19失点大敗…虎に並ばれた

  • 3回、右適時打を放つヤクルト・川端=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 3回巨人・山口から適時三塁打を放つヤクルト・山崎=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 3回、適時二塁打を放つヤクルト・雄平=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回、見逃し三振に倒れベンチに引き揚げるヤクルト・西浦=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 投球するヤクルト・五十嵐=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 8回、巨人・中島から見逃し三振を奪いガッツポーズを見せるヤクルト・五十嵐=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 試合後、つば九郎と握手を交わすヤクルト・高梨=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に勝利しタッチを交わすヤクルトナイン=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に勝利しタッチを交わす村上(中央)らヤクルトナイン=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 9回を抑えセーブをあげたヤクルト・梅野=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 巨人に勝利し、高梨裕稔(左端)とタッチを交わすヤクルト・小川監督=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 9回適時打を放ち、ガッツポーズするヤクルト・太田=東京ドーム(撮影・中井誠)