2019.5.12 16:23

ヤクルト・高梨、5回1安打1失点の粘投「最低限の投球ができた」

ヤクルト・高梨、5回1安打1失点の粘投「最低限の投球ができた」

先発のヤクルト・高梨=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

先発のヤクルト・高梨=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 ヤクルト・高梨裕稔投手(27)が12日、巨人9回戦(東京ドーム)で先発し、5回1安打1失点の粘投を見せた。6四球と制球が乱れたが、フォークボールを有効に使い6奪三振。失点は一回の犠飛のみだった。

 右腕は「内容の悪い投球になってしまい、短いイニングで降りてしまったのが反省です。悪いなりに最低限の投球ができたかなと思います」と振り返った。