2019.5.12 19:00

ソフトB・今宮&デスパ、2試合連続弾も実らず

ソフトB・今宮&デスパ、2試合連続弾も実らず

3回、ソフトバンク・今宮が本塁打を放つ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

3回、ソフトバンク・今宮が本塁打を放つ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク4-5ロッテ、9回戦、ロッテ7勝2敗、12日、ヤフオクD)ソフトバンクは勝利にはつながらなかったが、今宮、デスパイネがともに2試合連続本塁打を放った。

 デスパイネは二回に8号の先制ソロ。右翼席へ豪快に運び「タイミングがずれたけど、うまく芯で打てた」。5月に入って5本塁打目とペースが上がってきた。

 今宮は1-0の三回に左越えへ8号3ラン。「体が勝手に反応した」と初球の厳しい内角速球を捉え、状態の良さをにじませた。

ミランダ(5回2失点で勝敗付かず)「4点の援護をしてくれたので、気持ちの面でも楽に投げることができた」

泉(六回に2四球を与え、1死しか取れずに降板)「初登板より緊張した。出来が悪すぎた」

甲斐野(七回途中から登板し、2本の適時打を浴びる)「流れを食い止める力を今後、もっとつけられるようにしたい」

試合結果へ

  • 2回、ソフトバンク・デスパイネが本塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)