2019.5.12 08:00

【エモやんの舌好調】巨人打線、まだまだ好調ではない

【エモやんの舌好調】

巨人打線、まだまだ好調ではない

巨人に勝利し、ファンの声援に応えるヤクルト・石川=東京ドーム(撮影・福島範和)

巨人に勝利し、ファンの声援に応えるヤクルト・石川=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-3ヤクルト、8回戦、4勝4敗、11日、東京D)えてして、こういうものよ。大量19得点から一夜明けて、巨人打線が沈黙。完全にはまったね。

 石川は球威があるわけでもなく、打者は脅威を感じない。大当たりの余韻が残っているから、微妙にスイングが大きくなる。すると、緩い球を待ちきれず、打ち急ぎ、ためをつくれない。

 加えて、相手の3番・山田哲が1打席で交代。バレンティン、青木に続く離脱で“飛車角、金落ち”。しめしめ…と上から目線になりがちで、ますます振り回す。その悪循環に陥ったわけだ。

 坂本勇以外に石川から安打を放ったのは、中島とメルセデス(2本)。緩い球なら何とかなる、というタイプで、まさに象徴的だよね。

 もう一つ、投手出身の立場からいわせてもらう。大量点から一夜明けの打線に対して、びくびくすることはない。どんなにいい打者でも、打率はしょせん3割台。打線全体が2日連続で爆発することなど、確率的に低い。むしろ、前日はまぐれ。それくらい、気を楽に持てる。それも術中にはまった理由。

 したがって、巨人打線はいまだ、好調とはいえない。この日も逆転していれば、本物といえたんだけどね。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ