2019.5.12 05:04(1/2ページ)

坂本勇、開幕35戦連続出塁!巨人連勝止まっても頼れる主将は止まらない

坂本勇、開幕35戦連続出塁!巨人連勝止まっても頼れる主将は止まらない

特集:
坂本勇人
坂本勇は一回に中前打。開幕から35試合連続出塁とし、セ・リーグ記録に並んだ。捕手は中村 (撮影・中井誠)

坂本勇は一回に中前打。開幕から35試合連続出塁とし、セ・リーグ記録に並んだ。捕手は中村 (撮影・中井誠)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-3ヤクルト、8回戦、4勝4敗、11日、東京D)23安打19得点した前日から一転、打線が沈黙した。その中で存在感を見せたのは、やはりこの男。巨人・坂本勇人内野手(30)が、1997年の金本知憲(当時広島)に並ぶ開幕から35試合連続出塁のセ・リーグ記録を打ち立てた。

 「明日も出塁できるように頑張ります」

 チームの連勝が3で止まり、主将は自身の記録を淡々と振り返った。

 金字塔は一回、早くも達成された。石川から中前打を放ち、同じ背番号6をつけた“鉄人”に肩を並べた。0-3の九回には梅野の外角速球を右越えに運び、リーグトップの13号ソロを放った。それでも「もっと早い回に、ああいう展開にできたらよかったけど、最後に追い詰めたのは明日につながる」と、すぐ次戦に目を向けた。

 打線は絶好調の主将に続けず、6安打のうち2本が投手のメルセデス。投げても7回0/3を3失点と踏ん張った助っ人左腕を見殺しにした。原監督は「見せ場が、このイニング(九回)だけだったね。今日は非常に丁寧に投げられたということでしょうね」と唇をかんだ。

【続きを読む】

  • 広島時代の金本知憲氏
  • 9回、ソロ本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 投球する巨人・中川=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 投球する巨人・田原=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 先発の巨人・メルセデス=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回中前打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 巨人・坂本勇と話す須藤豊氏=東京ドーム(撮影・今野顕)