2019.5.12 05:02

中日・柳、完封逃すも…自己最多12K!8回0封

中日・柳、完封逃すも…自己最多12K!8回0封

柳が8回零封と好投。自己最多の12三振を奪うなど躍動した (撮影・岡田茂)

柳が8回零封と好投。自己最多の12三振を奪うなど躍動した (撮影・岡田茂)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-5中日、8回戦、4勝4敗、11日、甲子園)中日・柳裕也投手(24)は完封こそ逃したが、8回無失点で3勝目を挙げた。4日のヤクルト戦は味方の拙守にも足を引っ張られ、6回8失点。この日は自己最多の12三振を奪い、「心と体をうまくコントロールできた。加藤さんのリードも良かったし、落ち着いて投げることができた」と手応えを口にした。

 三、四回は回転をつけるようにしたというチェンジアップが効果的に決まり、6者連続三振に仕留めた。しかし、球数が八回で128となり、九回は投げなかった。7日の大野雄に続く完封はならず、「最後までいきたかったが、9イニング目に立てない何かがあった」と悔しそう。チームは先発投手が相次いで離脱する苦しい状況。与田監督は「完封させたかったくらい、いい投球だった」と目を細めた。

試合結果へ

  • ヒーローインタビューを終え、スタンドの声援に応える中日・柳=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 9回から登板の中日・ロドリゲス=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 9回、中日・福田は本塁打を放ち生還=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 1回、二塁打を放つ中日・大島=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 1回、適時打を放つ中日・阿部=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 1回、2点適時二塁打を放つ中日・高橋=甲子園球場(撮影・山田喜貴)