2019.5.11 08:00

【板東英二の観戦記】阪神・西の要所で締める投球見事…「虎投の軸」の自覚ある

【板東英二の観戦記】

阪神・西の要所で締める投球見事…「虎投の軸」の自覚ある

先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平) 

先発の阪神・西=甲子園球場(撮影・松永渉平) 【拡大】

 (セ・リーグ、阪神7-3中日、7回戦、阪神4勝3敗、10日、甲子園)当たり前の話ですが、野球の基本は投・攻・守・走をきっちりやれるかどうか。阪神は見事にできた試合でした。

 特に投手陣。西は阪神移籍1年目ですが、すでに自分が投手陣の中心であるという自覚を持っているようです。自分がローテの軸としてシーズン全うする気持ちが、投球に表れていました。

 一回からほとんど全力投球しないんです。10のうち、8ぐらいの力で、コントロールだけに気をつけて、正確に投げることに細心の注意を払う投球。それが要所では一変します。四回2死一、二塁のピンチで、伊藤康を見逃し三振に仕留めた直球は力がありました。ここ一番では全力。これができるのが西です。

 投を支えるもう1人の主役がジョンソン。フルカウントから変化球(パワーカーブ)を投げられるのが強味。この先、何の心配もいりません。

 1つ苦言を呈するならドリス。4点差で登板して四球を与えたのはダメ。打たれるのは仕方ない。そのあたりキッチリ投げないと、上位との争いは厳しくなる。 (サンケイスポーツ評論家)

試合結果へ

西が逆転主役!口火打&激走ホームイン、投げては7回3失点3勝 阪神2位、最多貯金「3」

母の日を前に…阪神・筒井コーチ、岩貞投手らが語った母への感謝の思い

  • 阪神・西の今季登板成績
  • 阪神・甲子園あゆみ
  • 阪神・甲子園4連勝