2019.5.11 05:05(1/3ページ)

巨人・坂本勇が三冠王!止まらん3安打4打点で王超え球団新開幕34戦連続出塁

巨人・坂本勇が三冠王!止まらん3安打4打点で王超え球団新開幕34戦連続出塁

特集:
坂本勇人
  • 坂本勇は一回に中前打で“王超え”を達成。芸術的な内角打ちで決めた(撮影・福島範和)
  • 巨人・坂本勇人が開幕から34試合連続で出塁
  • セ・打者部門3傑
  • 4回、同点タイムリー中安打を放った巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 5回、3点適時二塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 勝利し、喜び合う岡本ら巨人ナイン=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 7回、満塁本塁打を放った巨人・田中俊=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 19得点のスコアボードを背にガッツポーズする(左から)巨人・田中俊、岡本、亀井=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 試合後、スタンドの声援に応える巨人・原監督=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 8回、適時二塁打を放つ巨人・石川=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、本塁打を放つ巨人・亀井=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 4回、中安打を放つ巨人・丸=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 先発の巨人・ヤングマン=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 5回、本塁打を放つ巨人・岡本=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 7回、満塁本塁打を放つ巨人・田中俊=東京ドーム(撮影・福島範和)

 (セ・リーグ、巨人19-7ヤクルト、7回戦、巨人4勝3敗、10日、東京D)セ・リーグ首位の巨人は10日、ヤクルト7回戦(東京ドーム)に19-7で大勝し、3連勝。0-5から試合をひっくり返し、今季両リーグ最多の23安打&19得点をマークした。坂本勇人内野手(30)が、3安打4打点で開幕から34試合連続出塁を達成し、1977年の王貞治の球団記録を超えた。絶好調の主将は打率.343、12本塁打、29打点とし、リーグの打撃3部門でトップに立った。

 もはや“キング”の輝きだ。打っても、打っても止まらない。五回、3安打目は走者一掃の右中間二塁打。悠々と二塁に達した坂本勇は味方ベンチにさわやかな笑顔を向け、右拳を突き上げた。

 「いいつながりで、ひっくり返せた。多少点差が開いても、みんながそう(逆転できると)思っていれば、こういうこともあると再認識できた」

 メモリアルな一打は、大勝利の幕開けだった。一回1死の第1打席。小川から中前打を放ち、1977年に王貞治が記録した、開幕からの連続試合出塁の球団記録「33」を塗り替えた。42年ぶりの金字塔で、97年に金本知憲(広島)がマークしたセ・リーグ記録の35試合にも王手をかけた。

【続きを読む】