2019.5.11 00:08

【一問一答】巨人・亀井、同郷の後輩・岡本との連弾に「奈良県民がしっかり打てばもっと強くなる」

【一問一答】

巨人・亀井、同郷の後輩・岡本との連弾に「奈良県民がしっかり打てばもっと強くなる」

19得点のスコアボードを背にガッツポーズする(左から)巨人・田中俊、岡本、亀井=東京ドーム(撮影・今野顕)

19得点のスコアボードを背にガッツポーズする(左から)巨人・田中俊、岡本、亀井=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 セ・リーグ首位の巨人は10日、ヤクルト7回戦(東京ドーム)に19-7で大勝し、3連勝。0-5から試合をひっくり返し、今季両リーグ最多の23安打&19得点をマークした。

 「5番・右翼」で先発出場した亀井善行外野手(36)は五回無死から、左翼席へ4号ソロ。同郷の14歳後輩である4番・岡本が8号ソロを放った直後の連弾に、お立ち台では笑顔がはじけた。

 --岡本に続いた

 「“岡本師匠”がいいホームランを打ってくれたので、奈良県民の誇りです」

 --“岡本師匠”のすばらしさはどんなところ

 「2人で話すんですけど、2、3番の出塁率が本当にすごくて、2人でプレッシャーがかかるなという話はいつもしているんですけど、ぼくと(岡本)和真がしっかり打てば、チームも勝つと思うので、もうちょっとしっかり打ちたいなと思います」

 --23安打19得点。素晴らしい攻撃

 「本当にみんなね、雰囲気もいいですし、みんなで勝った勝利だと思います」

 --坂本勇は開幕から34試合連続出塁で球団記録を更新。坂本勇の働きは

 「本当にすごい選手ですし、そのあとにね、奈良県民がしっかり打てば、本当にもっと強くなると思うので、しっかり頑張ります」

試合結果へ

  • 5回、本塁打を放つ巨人・亀井=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 4回、中適時打を放つ巨人・亀井=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)