2019.5.11 20:32

オリ・K-鈴木、プロ初勝利逃すも「チームが勝てたことがうれしい」

オリ・K-鈴木、プロ初勝利逃すも「チームが勝てたことがうれしい」

先発のオリックス・K-鈴木=ほっともっとフィールド神戸(撮影・林俊志)

先発のオリックス・K-鈴木=ほっともっとフィールド神戸(撮影・林俊志)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス6-3楽天、8回戦、オリックス5勝2敗1分、11日、ほっと神戸)オリックスのK-鈴木が7回4安打無失点と好投した。1点リードを守って降板。救援陣が崩れてプロ初勝利は逃したが「チームが勝てたことがうれしい」と笑顔だった。

 150キロ前後の速球で押し、スライダーの制球も良く9三振を奪った。プロ2年目。今季3試合目の先発登板で「(内容が)良くなっている。一試合一試合、自信になっている」と成長を実感していた。

高城(昨季DeNAから移籍後初出場)「勝ったことが一番。K(-鈴木)がしっかり投げてくれた」

大城(六回にセーフティーバントで打点を挙げ)「三塁手が後ろに下がっていたので、転がせば何とかなると思った」

試合結果へ

  • インタビューで笑顔を見せるオリックス・白崎(右)と山足(左)=ほっともっとフィールド神戸(撮影・林俊志)