2019.5.10 18:25

巨人・坂本勇が“王超え”の開幕から34試合連続出塁 1打席目に中前打

巨人・坂本勇が“王超え”の開幕から34試合連続出塁 1打席目に中前打

特集:
坂本勇人
1回 中前打を放つ巨人・坂本勇人 =東京ドーム(撮影・福島範和)

1回 中前打を放つ巨人・坂本勇人 =東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人・坂本勇人内野手(30)が10日、ヤクルト7回戦(東京ドーム)に「2番・遊撃」で先発出場。一回1死の1打席目に中前打を放ち、開幕から34試合連続出塁とし、1977年に王貞治が打ち立てた33試合連続出塁の球団記録を更新した。

 カウント1-2と追い込まれてからの4球目。内角気味の144キロ直球を中前にはじき返した。先に見据えるのは、残り1試合となったセ・リーグ記録である97年の金本知憲(広島)の35試合と、プロ野球記録である83年のスティーブ・オンティベロス(西武)の40試合だ。

試合結果へ