2019.5.7 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】中継ぎ陣奮起で「向こうに嫌なムード作れた」

【矢野監督 必死のパッチトーク】

中継ぎ陣奮起で「向こうに嫌なムード作れた」

交代を告げる阪神・矢野監督=神宮球場(撮影・宮沢宗士郎)

交代を告げる阪神・矢野監督=神宮球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-2阪神、7回戦、3勝3敗1分、6日、神宮)

 ――青柳はこれからよく考えていかないと

 矢野監督 「よく考えているとは思うんだけど、相手もいかに青柳を攻略するかというところで、いろんなことをしてくる。アイツ自身、取り組んではいるんだけど、結果として出せるよう、やっていかないといけない。次に向けての課題っていうか、そういうものは見えたと思う」

 ――五回以降、登板した中継ぎが安定

 「いやほんと、ほんと。それで最後、ランナー1人出て、向こうに嫌なムードを作れた部分は、中継ぎ陣の頑張りがすごく大きいし。逆転勝ちする展開に持っていくためには、そういう中継ぎ陣が頑張ってくれるっていうなかで、勝ち(の可能性)が広がってくると思うから。そういう意味では良かった」

 ――近本が試合に出た

 「1年間やる中で、万全の状態でいけるときばっかりじゃない。そういうことが、こういう時期に来たっていうのは、ある意味、いつかはあることやし。その中でどうやるかとかっていうふうにも考えられると思う」

試合結果へ