2019.5.6 05:00

【ダンカン】セ5万号福留は『初代・虎神様』襲名や!

【ダンカン】

セ5万号福留は『初代・虎神様』襲名や!

特集:
福留孝介
ダンカン 虎の通信簿

 (セ・リーグ、阪神7x-5DeNA、9回戦、阪神7勝2敗、5日、甲子園)令和元年5月5日。『こどもの日』が『虎(こ)どもの日』になりましたー!

 セ・リーグ通算5万号をサヨナラで決めた神様、仏様、福留様。大・大・大アリガトウ!

 子供の頃の楽しい記憶って一生忘れないのだ!! こどもの日に甲子園で5万号のおまけ付きのサヨナラアーチを見たとなれば、それは一生涯の大切な宝物となることは間違いなし!!

 よっしゃ! 決めたァ!! 阪神には藤村富美男さんを初代に、村山実さん、掛布雅之さん(田淵幸一さんは虎党の間でも意見が分かれている)と『ミスタータイガース』とあがめられる猛虎がいますが、今回、福留孝介様を『初代・虎神様』と致しましょう!! パンパン(拍手)、ありがたや! ありがたや!!

 平成6年組の木浪が二回に2失策と野選で先制点を許せば、その裏自らのバットで同点とする、まるでスポ根ドラマ!! 6年組・近本の勝ち越し打、六回に1点差とする代打適時打を放ったのも6年組の北條なら、七回の同点打も6年組の4番・大山!!

 『花の平成6年組』の活躍をあっさり一振りでひっくり返したのが昭和52年生まれの福留様だってんだから…。虎神様にはかないませ~ん!!

試合結果へ