2019.5.6 05:04(1/2ページ)

令和初完封は西武・今井!トップタイ4勝、16年夏の甲子園V腕3年目の覚醒

令和初完封は西武・今井!トップタイ4勝、16年夏の甲子園V腕3年目の覚醒

令和初完封を達成した今井(左)。捕手の森とガッチリと握手を交わした (撮影・中井誠)

令和初完封を達成した今井(左)。捕手の森とガッチリと握手を交わした (撮影・中井誠)【拡大】

 (パ・リーグ、西武4-0楽天、6回戦、楽天4勝2敗、5日、メットライフ)西武のプロ3年目右腕、今井達也投手(20)が5日、楽天6回戦(メットライフ)に先発。散発3安打でプロ初の完投勝利を完封で飾り、4-0の勝利に貢献した。12球団を通じて令和初完封を記録し、リーグトップタイの4勝目をマーク。栃木・作新学院高のエースとして2016年夏の甲子園大会を制した右腕が新時代の扉を開けた。

 130球目。今井はフゥーと息を吐き、スライダーを投げ込んだ。九回2死走者なし。山下を詰まり気味の二塁ライナーに打ち取った。新元号となって5日目。20歳のホープが令和のプロ野球で初完封をマークした。

 「何とかゼロで抑えられたことに意味があります。自分が投げるときに、よく野手が打ってくれる。いいプレーも生まれて助けられています」

 これまでの最長イニングは7回。未知の八回を終え、球数は121に達した。ベンチに戻り、辻監督に「代わるか?」と聞かれたが、続投を志願。散発3安打に抑え、自身初の完投勝利を完封で飾った。

 こどもの日。マウンドからスタンドで観戦するユニホーム姿の野球少年を見つけ、「子供たちの前でいいピッチングができてうれしいです」。150キロ台の直球を主体にカーブ、スライダー、チェンジアップを有効に使い、楽天打線に三塁を踏ませなかった。

 栃木・作新学院高3年時に2016年夏の甲子園大会で優勝投手となり、ドラフト1位で西武入り。鳴り物入りでの入団だったが、一度はつまずいた。1年目は1軍登板機会がなく、2年目の18年1月に未成年での喫煙が発覚。同年2月7日から4月末まで対外試合の出場が禁止された。

 ユニホームの着用は認められず、ジャージー姿で実戦形式の打撃練習に登板したこともあった。謹慎が解けると、同年はプロ初勝利を含む5勝をマーク。今季はさらに飛躍し、自身3連勝でリーグトップに並ぶ4勝目を挙げた。

 課題克服のために工夫を凝らしている。「投げるときに、キャッチャーを両目で見ません」。右投手の今井はノーワインドアップから左脚を上げた際、右目で一瞬だけ三塁方向を見てから投球する。この動作を行うことで体の開きがなくなり、より理想に近いボールが投げられるという。

【続きを読む】

  • 作新学院高のエースとして2016年夏の甲子園大会で優勝投手になった
  • 力投する西武・今井達也=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 先発の西武・今井=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 9回、最後の打者、楽天・山下を打ちとり、ガッツポーズする西武・今井。令和初完封となった=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 9回、力投する西武・今井=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 令和初完封を達成した西武・今井を労う西武・辻監督(左)=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • お立ち台で、北勝富士(手前)とどすこいポーズを決める(左から)西武・山川、今井、秋山=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 1回先制の本塁打を放つ西武・秋山=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 4回適時打を放つ西武・メヒア=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 西武・今井達也の今季登板成績
  • 令和初の○○
  • パ・勝利5傑