2019.5.4 08:00

【エモやんの舌好調】巨人、このオーダーは考え直すべし

【エモやんの舌好調】

巨人、このオーダーは考え直すべし

5回、満塁のチャンスで三振に倒れる巨人・ビヤヌエバ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

5回、満塁のチャンスで三振に倒れる巨人・ビヤヌエバ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・リーグ、広島6-3巨人、6回戦、3勝3敗、3日、マツダ)三、五、八回。2死満塁のチャンスを3度も逃せば、結局は突き放されるわな。

 2死満塁で得点が入ると、相手にはダメージになり、自軍には勢いがつく。逆に入らないと投手はイライラを募らせ、追加点を許す。しかも五回は、メルセデスが自らチーム初安打を放って、塁上にいた。“なんだ、1点も取れないのか”となっても不思議はないよ。

 流れも悪い。三回と五回はいずれも、走者がいると打てない3番ビヤヌエバに回ってしまった。そこが、打線が下降線をたどり、チーム力が低下している、一種の象徴だね。

 なにしろビヤヌエバ、岡本、陽岱鋼、ゲレーロの中軸の打率が、軒並み2割5分以下。最もアベレージの高い1番・坂本勇と、勝負強い2番・丸が歩かされると、あとは尻すぼみ…。

 首位に立っているとはいえ、本当の強さは、まだまだ出てこない。このオーダーは、早く考え直すべし。しばらく試行錯誤を続けるしかないよ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ