2019.5.3 17:27

堀内恒夫氏、岡本の天井直撃打に驚き「久しぶりに見た、ボールが…」

堀内恒夫氏、岡本の天井直撃打に驚き「久しぶりに見た、ボールが…」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 (セ・リーグ、巨人9-3中日、5回戦、巨人3勝2敗、2日、東京D)巨人は2日、中日5回戦(東京ドーム)に9-3で逆転勝利を飾った。五回に4番・岡本和真内野手(22)が同点に追いつく“令和初”の天井直撃の三塁内野安打を放ち、5番・陽岱鋼外野手(32)が左翼席上部の看板を直撃する2号3ラン。今季2度目の1試合4本塁打が飛び出し、新元号「令和」で2連勝。2位ヤクルトと2・5ゲーム差に広げた。

 元巨人監督の堀内恒夫氏(71)は3日、ブログで岡本の天井直撃打について、「『外野フライか、こりゃ、ダメだなぁ…』と思った矢先 天井の神様が降りてきたね(笑)俺、久しぶりに見た、ボールが天井に当たるのを」と驚いた様子。「あの1打がなけりゃ あそこでアウトになっていたら 陽岱鋼の勝ち越し3ランだって生まれなかった」と振り返った。

 1点を追う五回2死一、二塁。岡本が打ち上げた打球がグラウンドから高さ約61メートルの天井を直撃し、三遊間にポトリ。超満員のファンもどよめくラッキーな一打が勝利を呼び込んだ。