2019.5.1 19:25

4連勝の阪神・矢野監督、犠打成功の北條を大絶賛「代打バントってめちゃくちゃ難しいから」

4連勝の阪神・矢野監督、犠打成功の北條を大絶賛「代打バントってめちゃくちゃ難しいから」

5回、近本光司の適時打にガッツポーズの阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・松永渉平) 

5回、近本光司の適時打にガッツポーズの阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・松永渉平) 【拡大】

 1日の広島戦(甲子園)を逆転勝ちで飾り、平成、令和と年号をまたいで今季初の4連勝とした阪神・矢野燿大監督は試合後、まず先発の才木ら投手陣をたたえた。

 「才木も状態はそんなに悪くなかったと思うんですけど、2点で頑張ってくれましたしね。その後のピッチャーもよく行ってくれたんでね。いい試合になりました」

 五回、逆転2点中前打に二盗、三盗を決めた近本については「本当にいい場面で打ってくれて、すぐに盗塁して、また次のチャンスを広げるところとね。守備も、あそこで刺してくれた(七回のバティスタ)のも大きいですしね。どれも素晴らしいプレーでね。これからも、こういうプレーをしてくれると期待しています」と話した。

 貴重な追加点となった六回、マルテの1号ソロについては「3ボールから見事に打ちましたし、けがで出遅れた分、頑張ろう、やってやろうという気持ちはマルテ自身あると思います。いいキッカケにしてもらいたい。本人が一番、スッキリしたと思います」

 絶賛したのは北條の送りバントだった。五回、先頭のマルテが四球、木浪が敵失で出塁し、無死一、二塁の場面で代打で登場。1球で三塁線に送りバントを決めた。

 「もう本当ね。俺もバントは現役時代してきたけど、代打バントってめちゃくちゃ難しいからね。一発で決めているっていうのは流れをこっちに呼んだバントとも言えるし。本当試合の展開の中では地味なんだけど、すごく大きなバントやと思うし。あれ(近本の逆転打)を出したのは、北條ということも言えなくはないと思う。それぐらい価値がある」

 5割に復帰で3位に浮上。2日の予告先発は好調岩田。貯金を狙う。

試合結果へ