2019.5.1 23:49

ソフトバンク川原、悔しい今季初失点 武田の危険球退場で緊急登板 

ソフトバンク川原、悔しい今季初失点 武田の危険球退場で緊急登板 

 ソフトバンク・川原弘之投手(27)が1日の楽天戦(ヤフオクドーム)で今季初失点を喫した。二回に先発の武田翔太投手(26)の危険球退場により、緊急登板。「(死球が)当たった瞬簡に緊張が増しました」と慌てて準備を行ってマウンドに向かった。

 1死一、二塁でブラッシュに右越え2点二塁打。2死二、三塁でオコエに中前に2点打を許したが、3点目は自身の自責点だ。9度目の登板で初失点となり「悔しいですね。球は悪くなかったと思うけど、普通に打たれました」と苦笑い。危険球の前は何も準備を始めておらず、急いでキャッチボールを開始した。捕手を座らせて投球したのはマウンドに上がってからだった。

試合結果へ