2019.5.1 20:11

日本ハム・堀がショートスターター 役割を果たして降板

日本ハム・堀がショートスターター 役割を果たして降板

先発の日本ハム・堀=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

先発の日本ハム・堀=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)【拡大】

 1日の西武-日本ハム4回戦(メットライフ)で、日本ハム先発の堀瑞樹投手(21)が2回1/3を2安打1失点で降板。2-0で迎えた二回無死で山川に左越えソロ本塁打を浴びたが、ショートスターターの役割を果たしてマウンドを降りた。

 三回無死で源田を三ゴロに打ち取った後、木田投手チーフコーチとトレーナーがマウンドへ。日本ハムはここで玉井にスイッチした。

 堀は広島新庄高からドラフト1位で入団。3年目の今季は中継ぎで10試合に登板し、1日は初先発だった。

試合結果へ