2019.4.29 17:29

阪神・青柳がプロ初完封 中日に連勝で2カード連続勝ち越し

阪神・青柳がプロ初完封 中日に連勝で2カード連続勝ち越し

先発の阪神・青柳=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平) 

先発の阪神・青柳=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平) 【拡大】

 阪神・青柳晃洋投手が29日の中日戦(ナゴヤドーム)で、9回4安打でプロ4年目で初の完封勝利。2連勝で2カード連続の勝ち越しを決め、借金「2」とした。

 「しんどかったです。終盤からストライク先行で勝負できたのがよかった。令和になっても平成の選手ががんばります」

 四回に大島に初安打を浴び、六回、松井雅にセーフティーバントを決められ、京田に中前打を浴び、2死一、三塁とされたが、大島を空振り三振に仕留めた。

 最大のピンチは八回。先頭の遠藤に左前打、松井雅の三ゴロを大山がはじき、無死一、二塁とされた。続く井領を一ゴロに打ち取り、1死一、三塁とされたが、平田を三ゴロ併殺に仕留めて、無失点で切り抜けた。

 打線は二回、4番・大山が中日先発の阿知羅から、左中間へ6号先制ソロ。八回には2死走者なしから、D1位・近本が粘って中前打。糸原の右前打と悪送球の間に、近本が生還し、2点目を追加した。

試合結果へ