2019.4.29 17:27

西武・山川が11号2ラン「打った瞬間に本塁打になると」

西武・山川が11号2ラン「打った瞬間に本塁打になると」

1回、先制の本塁打を放つ西武・山川=京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)

1回、先制の本塁打を放つ西武・山川=京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-3西武、6回戦、西武4勝2敗、29日、京セラ)西武の山川が11号2ランを放った。一回に高めの直球を豪快なスイングで左翼席へ運んだ。「打った瞬間に本塁打になると思った」。完璧なアーチは、球団にとって平成最後の本塁打となった。

 ただ、八回の好機では沢田との力勝負で二飛に倒れた。チームの連勝が4で止まり「犠飛でも何でも、1点でも取れていれば。僕が打てなかったのでああいう展開になった」と責任を背負った。

試合結果へ