2019.4.29 19:41

楽天、拙攻で5連敗 平石監督「前を向いてしっかりやりたい」

楽天、拙攻で5連敗 平石監督「前を向いてしっかりやりたい」

4回、死球をめぐって抗議する楽天・平石監督(右)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

4回、死球をめぐって抗議する楽天・平石監督(右)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天2-4ロッテ、6回戦、ロッテ4勝2敗、29日、楽天生命)楽天は10安打を放ちながら2点しか奪えず5連敗となった。悔やまれるのが3点を追う四回。種市を攻めて2点を返し、なおも無死一、二塁と好機が続いたが3者連続で凡退した。球団記録に並んでいた連続試合本塁打も10で止まった。

 チームにとって平成最後の試合で連敗を止めることはできなかった。令和で迎える5月1日からは1・5ゲーム差で追う首位ソフトバンクとの3連戦が控えている。平石監督は「前を向いてしっかりやりたい」と意気込んだ。

近藤(五回途中4失点で2敗目)「球全体が高く、内容が良くなかった。ストライク、ボールがはっきりしていた」

試合結果へ