2019.4.29 16:05

巨人が五回に3者連続代打などで3得点 DeNAのD1位・上茶谷から

巨人が五回に3者連続代打などで3得点 DeNAのD1位・上茶谷から

特集:
2019新人情報
五回に押し出しの死球で出塁した巨人・大城=東京ドーム(撮影・今野顕)

五回に押し出しの死球で出塁した巨人・大城=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 巨人は29日、東京ドームでDeNA6回戦を行った。先発の山口俊投手(31)が三回に先制を許したが、1点を追う五回に3点を入れた。

 粘って、DeNAのドラフト1位右腕・上茶谷(東洋大)から点をもぎ取った。先頭・岡本が外角のスライダーに食らいついて左前打とすると、亀井、陽岱鋼の連続四球で無死満塁。続く山本の場面で、原監督は代打に阿部を送るが、空振り三振。それでも、小林に代打・大城を送り、死球で1点を返すと、五回までに91球を投げた先発・山口に代打・石川を送り、遊ゴロが併殺崩れとなる間に、1点を追加した。

 3者連続代打でつなぎ、1番・坂本勇の投手強襲適時内野安打でさらに1得点。指揮官がここぞの場面で早めに戦力を送り込み、勝負をしかけた。

試合結果へ

  • 5回、押し出し死球を受けた巨人・大城=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)