2019.4.29 12:11

堀内恒夫氏、今の巨人とDeNAは対照的「打線に頼ってるとこは同じだけど…」

堀内恒夫氏、今の巨人とDeNAは対照的「打線に頼ってるとこは同じだけど…」

堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 (セ・リーグ、巨人7-2DeNA、5回戦、巨人3勝2敗、28日、東京D)DeNAが巨人に2-7で敗れ、16日の中日戦(ナゴヤドーム)から続く連敗はついに「10」。2週間も勝ち星がない。

 元巨人監督の堀内恒夫氏(71)は29日、ブログで「今の巨人とDeNAは対称的なんだな」(原文ママ)と指摘。「打線に頼ってるとこは同じだけど」と前置きした上で、「今の巨人は2アウトから点が取れる。それに加えて先に点をたくさん取って中押し、ダメ押しとくりゃあ 少々追っかけてきても間に合わないよね」と2試合を残して、4月終了時点の首位が確定した巨人を評価した。

 シーズン10連敗は2017年8-9月の楽天以来2年ぶり。DeNA(前身球団を含む)では15年6月(12連敗、同年最終順位は6位)以来4年ぶりで、通算20度はプロ野球最多回数(2位はヤクルトの13度)。球団記録は1955年7月と08年9-10月にマークした14連敗を喫した。