2019.4.29 05:03(1/2ページ)

オリ・宮内オーナー、近藤&山崎福に呆れ“帰った”「それをつぶすのが得意なんだ」

オリ・宮内オーナー、近藤&山崎福に呆れ“帰った”「それをつぶすのが得意なんだ」

押し出し四球を与えて降板を告げられる近藤(左)(撮影・宮沢宗士郎)

押し出し四球を与えて降板を告げられる近藤(左)(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス2-4西武、5回戦、西武4勝1敗、28日、京セラ)大型連休を利用して来阪し、観戦した総帥もあきれるしかなかった。ストライクが入らない救援陣。オリックスは今季初先発のプロ2年目、K-鈴木が7回ゼロ封も、近藤、山崎福が2人で計6与四球。3度の押し出し四球で、プロ初星を消した。まさかの逆転負け。九回途中で球場を後にした宮内オーナーの言葉にも、怒りがにじみ出ていた。

 「(K-)鈴木はいいね。いい投手。素晴らしい」と快投をたたえる一方で、「それ(プロ初勝利の権利)をつぶすのが得意なんだ、うちは。何試合つぶしたか。いろんな逆転劇を見てきたけど、きょうみたいなのはめったにない。ひどいよ」

 2-0の八回から登板した近藤は代打・岡田、金子侑に連続四球。1死後、秋山にも四球で満塁のピンチを招くと、山川に押し出し四球。3番手、山崎福にスイッチしたが、森にストレートの四球で押し出し。同点とされ、2死後、栗山に右前へ勝ち越し打、続く中村にも押し出し四球を与えた。

【続きを読む】

  • 代わった山崎福も押し出し四球のあと、栗山に適時打を浴びた(撮影・宮沢宗士郎)
  • 宮内オーナーも、ボヤくしかなかった
  • 8回、西武・山川に押し出しとなる四球を与えるオリックス・近藤=28日、京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 先発のオリックス・K-鈴木=京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 1回、適時打を放つオリックス・メネセス=京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 3回、適時打を放つオリックス・小島=京セラドーム(撮影・宮沢宗士郎)