2019.4.28 17:25

早大・小宮山監督は選手かばう/東京六大学

早大・小宮山監督は選手かばう/東京六大学

 東京六大学野球春季リーグ第3週第2日(28日、明大5-3早大、神宮)早大は八回の守備のミスが響いた。当たり損ねのゴロを投手がはじいて2死一、二塁となり、直後に逆転3ランを浴びた。プロ117勝の小宮山新監督は「投手経験者なら分かるが、スイング(のイメージ)と違う打球は処理が難しい」と選手をかばった。

 打線は五回以降に1安打。同監督は「集中打という意味では明大を見習わなくては。課題はまだまだ山積みだ」と立て直しを期した。